ごあいさつ

アメリカでの提携先分析機関は、アスベスト分析の実績約20年以上です。

日本では最近になりようやく、アスベスト問題が深刻化してまいりましたが、もともとアメリカでは既に50年前より取りざたされており、改めて驚くような問題ではないように思います。

むしろ問題だと弊社が思うのは、日本のアスベストに対する対策や分析といったものが、未だに法的にも不十分であることや、日本では公的なアスベスト分析の認定機関が無いために、分析用の機器を有し2〜3日の講習を受講していれば誰でも分析出来る状況にあり、各分析機関によってその内容にばらつきがある事です。
現在のような状況でJIS法で分析しているから安心と考えられているようですが、多くの問題があります。
また、曖昧な分析に対する罰則などの法規制が整備されていないことも今後問題になると思います。
私どもは今後の法整備を期待しております。

このような時代背景の中で私たちはアスベスト分析の先進国で培ったEPA法による、正確で迅速な分析責任をもった分析サービスを低料金で提供していきたいと考えています。

日本では2040年までにはアスベストの被害による死亡者数は10万にも昇ると推定されています。
この被害を少しでもくいとめることに、少しでも協力できれば幸いです。

日本では2040年までにはアスベストの被害による死亡者数は10万にも昇ると推定されています。
この被害を少しでもくいとめることに、少しでも協力できれば幸いです。


株式会社トライフォースコーポレーション
代表取締役 伊勢 常明