アスベスト検査は国際基準の分析が必要だと考えております

アスベスト検査の専門家・株式会社トライフォースコーポレーションは、ようやく危険性が注目されてきた石綿の分析に力を入れ、建物に関わる全ての人たちの健康をお守りしております。日本ではきちんとした法整備がされていないため、数十年前から研究が進んでいるアメリカ(ISO)の基準に従って分析をしております。正確かつスピーディーに分析をいたしますので、ハイレベルなアスベスト検査を行っている専門家へ分析を依頼したいとお考えでしたら、ぜひご連絡ください。

  • アスベスト調査の資格

    アスベスト調査の資格

    2019/07/22
    アスベスト調査の資格   厚生労働省は、建物の解体・改修時にアスベストを使用しているかどうかの調査について、国の講習を受けた有資格者しか行えないよう制度を...
  • 企業リスクの増大

    企業リスクの増大

    2019/07/18
    企業リスクの増大とは?   2018年12月、長野県飯田市の私立保育園で園児や職員の在園中にアスベストの飛散が疑われる改修工事が行われた。 この工事は、県が事...
  • 石綿関連死、交通事故死上回る!

    石綿関連死、交通事故死上回る!

    2019/07/10
    石綿関連死、交通事故死上回る!   アスベスト(石綿)関連で亡くなる人がどれくらいいるのかご存知だろうか。 アスベストは中皮腫や肺がんを代表とし、様々な...
  • 東京高裁アスベスト飛散事件

    東京高裁アスベスト飛散事件

    2019/06/18
    東京高裁アスベスト飛散事件   東京高裁は2018年の10日に、同高裁や東京地裁などが入る東京都千代田区の合同庁舎(地上19階、地下3階建て)の来庁者用エレベー...
  • 建設アスベスト訴訟、管理責任を問われる時代へ

    建設アスベスト訴訟、管理責任を問われる時代へ

    2019/06/13
    建設アスベスト訴訟、管理責任を問われる時代へ   京都地方裁判所は、関西建設アスベスト京都訴訟(原告数27名、被害者数26名)において、国及び建材企業の責...
  • 建設業のISO 組織としての対応が必要

    建設業のISO 組織としての対応が必要

    2019/06/12
    建設業のISO 組織としての対応が必要   建設業において、大きい案件を取ることでいかに成果をあげるかが会社存続に重要な部分となっています。 そこでポイント...
  • 日本のアスベスト計量制度の遅れ

    日本のアスベスト計量制度の遅れ

    2019/06/10
    日本のアスベスト計量制度の遅れ   アスベストは、悪性中皮膿や肺がん等の病気を引き起こす恐れがあるのだが、その危険性に気づかず大量に建材として使われた。 ...
  • アスベスト含有建材規制の歴史

    アスベスト含有建材規制の歴史

    2019/06/06
    アスベスト含有建材規制の歴史   アスベストは耐熱性・絶縁性・保温性に優れており、そのうえ安価なため建築資材をはじめ、1970年から1990年の間に大量に使われた...
  • アスベストは今も輸入されている?

    アスベストは今も輸入されている?

    2019/06/04
    アスベスト輸入の把握不足   税関の現場は日々大量の輸入申告の処理に追われている。 近年、航空便の普及などで輸入申告は急増。 財務省の統計によると、年...
  • 「トレモライト」の発見

    「トレモライト」の発見

    2019/05/29
    「トレモライト」の発見   当社は日本に輸入されていないとされていたアスベストの一種である「トレモライト」を発見した企業である。 アスベストとは天然でで...
  • ISO方式の分析は発がん性の視点から

    ISO方式の分析は発がん性の視点から

    2019/05/23
    ISO方式の分析は発がん性の視点から   国際標準化機構(ISO)は、建材に含まれるアスベストの検出方法を2011年に審議している。 当時、ISO関係者は、日本工業...
  • 日本の分析法は国際的な信頼性を損ねる

    日本の分析法は国際的な信頼性を損ねる

    2019/05/21
    日本の分析法は国際的な信頼性を損ねる   アスベストは一時期、大量に輸入され建材として主に使われていた。 しかし、アスベストは吸引により悪性中皮腫や肺が...
  • JISのアスベスト分析はダブルスタンダード

    JISのアスベスト分析はダブルスタンダード

    2019/03/10
    JISのアスベスト分析はダブルスタンダード   アスベスト(石綿)は、耐熱性・絶縁性・保温性に優れており、そのうえ安価なため建築資材をはじめ、様々なものに利用...
  • 年間6万棟の解体について

    年間6万棟の解体について

    2019/03/10
    年間6万棟の解体について   アスベストは耐熱性・絶縁性・保温性に優れており、そのうえ安価なため建築資材をはじめ、1970年から1990年の間に大量に使われた。197...
  • 作業員の被害を避ける課題

    作業員の健康被害を避ける重要課題

    2019/03/10
    アスベスト分析における作業員の健康被害を避ける重要課題   アスベストは耐熱性・絶縁性・保温性に優れており、そのうえ安価なため建築資材をはじめ、1979年から...

アスベストの検査を専門に行い、建築材料に含まれている危険な石綿の濃度や種類を分析している株式会社トライフォースコーポレーションは、米国標準技術研究所「NVLAP」認定の代理店として営業し、国際基準の分析を実現させております。アメリカ(ISO)では日本よりも随分前から石綿の危険性が謳われ、研究が進んでいるため、アメリカ(ISO)の基準を用いることでハイレベルな調査を可能にしております。スタッフの経験も豊富で、分析のスピード感にも自信を持っております。
石綿調査の専門家・株式会社トライフォースコーポレーションは、最も進んだ分析方法と言われる透過電子顕微鏡を使用した分析にも対応し、ワンランク上のサービスで調査結果をお伝えいたします。世界基準のアスベスト検査ができる専門家を利用したいとお考えでしたら、ぜひご依頼ください。