廃棄物運搬、処理会社さんもアスベスト分析法をチェック!

2019/12/16 ブログ

廃棄物運搬、処理会社さんもアスベスト分析法をチェック!

 

搬入された廃棄物がアスベストを含有していないと証明されていたとする

その試験証が「JIS A 1481-2,3」(日本独自方式)の分析だとしたら、法的には問題はない。だが分析の正確性向上のために「JIS A 1481-1,4」で再分析をするよう要望しましょう。

 

なぜなら、日本独自方式による分析は正確性に欠けるという懸念があるからだ。

外国の研究者からは「日本独自方式による分析では40%の確率で誤判定が起きた」と指摘される報道もあるほどである。

それを受けて厚生労働省は「日本独自方式」と「国際基準機構方式」のどちらの方式を使っても構わないという見解だ。

 

アスベストによる健康被害は、この仕事に携わる人々にとって大きなリスクである。

また、アスベストによる健康被害は今後、どんどん増加すると予測されている。

アスベストによる被害は長年に渡って影響していくため、今後10年・20年も健康で働ける環境の構築が重要である。

そのためにアスベストの有無を正確に分析する必要があるのである。

 

 

株式会社トライフォースコーポレーション

Tel:03-6206-8595 Fax:03-3252-2313

URL:https://asbestoslab.net