アスベスト分析の必要性

2020/07/06 ブログ

アスベスト分析の必要性

 

アスベストは、吸い込むと数十年の潜伏期間を経て中皮腫や肺がんなどを引き起こすため、「静かな時限爆弾」と呼ばれる。

アスベストは安価でありつつ、耐熱性等に優れており、一時期大量に建築資材として使われた過去がある。

そのため、現在は使用が禁止され、既に建てられたアスベスト建材を使った建物の解体が進んでいる。

 

一時は、テレビニュースに取りざたされ話題となったこの問題だが、今もなお被害に苦しめられている人がいることをご存知だろうか。

2005年に兵庫県尼崎市の旧クボタ神崎工場周辺で住民の中皮腫発症者が相次いでいることが判明。

これを機に、各地で石綿の健康被害が起きている事態が表面化した。

国は2006年度から、工場周辺住民らに医療費等を支給し、2015年度からは対象地域を拡大していった。

 

こういった事態を受けて、重要性が増しているのがアスベスト分析の精度である。

解体作業をする際にはまず、その建物にどれほどの割合でアスベストが含まれているかの分析をしなければならない。

アスベストの含有量が多ければ、それだけ慎重に解体を進めなければならないからだ。

少しでも被害を抑えるために、アスベスト分析は非常に重要な意味を持つ技術なのである。

 

 

株式会社トライフォースコーポレーション

Tel:03-6206-8595 Fax:03-3252-2313

URL:https://asbestoslab.net