アスベストの宝石2:ネフライト

2020/08/11 ブログ

アスベストの宝石2:ネフライト

 

アスベストの元となる鉱物が細長細に1:3の繊維状になるとアスベストと定義される。

繊維状にならなかった同じ鉱物が珪酸や鉄分と化合してパワーストーンとなり、古来より重宝され、愛用されてきた。その例をご紹介します。

 

ネフライトは、透閃石(トレモライト)-緑閃石(アクチノライト)系角閃石の緻密な集合である。翡翠の軟玉ともいう。

画像引用元:https://omajinai-navi.jp/about-nephrite/

 

ネフライトは、腎臓を意味する「Nephros」に由来している。

古くインディオたちが、治療目的で腰につけていた"温石"が、腎臓の形を思わせたところから由来するといわれている。

 

中国での歴史は2000年以上と長く、装飾品などに彫刻され、「人生の成功と繁栄」の象徴する最高の宝石として愛好された。

ニュージーランドでも歴史は長く、神聖な儀式で用いられたと言われている。

日本でも採れる地域があり、深く綺麗な緑色のネフライトは神聖な石として、世界中で特別な石として崇められてきたのである。

 

アスベストと言うと、中皮腫や肺がんを引き起こす素材として危険なイメージが浸透してしまった。

しかし、パワーストーンのように、形を変えて私たちの生活に寄り添っているものでもあるのだ。

 

株式会社トライフォースコーポレーション

Tel : 03-6206-88595  Fax : 03-3252-2313

URL : https://asbestoslab.net/