コロナより多いアスベスト関連死

2020/11/07 ブログ

コロナより多いアスベスト関連死

 

現在、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている。

連日メディアで取り上げられているため、コロナウイルスの感染者数または死者数について知るのは容易である。

そのため、コロナウイルスに恐怖を抱く声も多い。

たしかに新型コロナウイルスは未知の感染症であり、世界中でパニックとなっているため脅威であるが、実はアスベストがそれ以上の脅威であることを知っている人はいるだろうか?

 

特殊ながん、中皮腫だけで年間1500人を超える。

アスベストは、肺がんなどを加えると日本国内で年間2万人近くの命を奪っている。日本のアスベスト疾患による死亡数は、アメリカと中国に次いで、世界第3位の石綿被害大国である。

これは現状ではコロナウイルスによる死者数と比べてはるかに多くの死亡者を出していることになる。

コロナウイルスの影で、被害者が出続けているのがアスベスト関連死なのである。

 

アスベストはすでに使用が禁止されているが、過去に大量に建材として使われたため、現在では解体が進んでいる。

アスベスト最大の発生源は解体現場であり、環境省調査では4割超で漏洩という報告もある。

だからこそ、アスベストの含有分析を公的な監査のあるところ例えば米国などのISO17025試験場での分析が重要だ。

 

 

株式会社トライフォースコーポレーション

Tel : 03-6206-88595  Fax : 03-3252-2313

URL : https://asbestoslab.net/