珪藻土バスマットにもアスベストか

2021/01/27 ブログ

珪藻土バスマットにもアスベストか

 

吸収性が高く早く乾くことからバスマットとして「珪藻土マット」を使用している人は多いだろう。

そんなホームセンターで一般販売されている珪藻土商品に、現在は製造や使用が禁じられているアスベストが含まれていたことが判明し、大規模な回収が相次いでいる。

 

珪藻土商品は中国製が多く、それらの多くはアスべストが含有しており、製品が割れた時に粉塵が害を及ぼす可能性があるとして社会問題になっている。

製品を販売した大企業のホームセンターのトップの謝罪会見の様子がTVで放映された。(ちなみに、日本製の珪藻土商品にはアスベストが含有しているという報道はない。)

 

なぜ、このようなことが起きてしまうのか?

実は当ブログの「アスベストは今も輸入されている?」で指摘しているように、税関でのアスベストの把握は難しいのが実情だ。

中国工場で製造された商品の確認は強度のみだったため、品質検査でアスベストが確認できなかったという。

 

アスベスト死は年2万人越とのビッグニュースもあり、建材のアスベスト含有検査には慎重にしなければならない。企業にとっては信頼にかかわる問題でもある。

アスベストの分析は安全安心を届けるISO17025試験所で行うことが重要である。

 

 

株式会社トライフォースコーポレーション

Tel : 03-6206-88595  Fax : 03-3252-2313

URL : https://asbestoslab.net/