アスベスト相談窓口を開設

2021/09/27 ブログ

アスベスト相談窓口を開設

 

阪神・淡路大震災で、がれきの回収にあたった兵庫県明石市の男性職員がアスベスト特有のがんを発症して死亡したことをめぐり、遺族が公務員の労災にあたる「公務災害」だと訴えた裁判で、神戸地方裁判所は遺族の訴えを認める判決を言い渡した。

 

兵庫県明石市はアスベスト被害者向けの相談窓口を開設すると発表した。アスベスト被害者の支援制度について、自治体がワンストップの相談窓口を設けるのは全国でも珍しいという。

 

厚生労働省も電話相談の窓口を開設している。アスベストによる健康被害を受けた被害者と遺族に対して給付金を支給するための法律も成立し、国からの救済は徐々に広がっていることがわかる。

 

また、国が被害者に補償する制度を設けることになったのを受けて、裁判で争ってきた弁護団は被害の相談に電話で応じる無料の窓口を設けた。

最高裁判決が大きく報じられたこともあって、東京 新宿区の事務所には、朝の受け付け開始から次々と電話がかかってきたという。

 

このように相談窓口は増えているため、こういった制度の周知を進めていくことが次なる課題となる。

 

株式会社トライフォースコーポレーション

Tel : 03-6206-88595  Fax : 03-3252-2313

URL : https://asbestoslab.net/