アスベスト検査を依頼されるなら安心してご連絡ください

アスベスト検査を行う米国専門機関の代理店としてハイレベルな石綿分析を行っている株式会社トライフォースコーポレーションは、統計誤差が発生する分析で少しでもその誤差を無くす努力を重ね、豊富な経験に基づいて正確な結果をお伝えいたします。日本よりも研究が進んでいるアメリカ(ISO)の基準を採用することで、ハイレベルな調査を可能にしております。信頼できる専門家にアスベスト検査を依頼したいとお考えでしたら、ぜひご連絡ください。

ISO基準を含め国際的な分析方法

●定性分析
複数の光学的特長(屈折率、複屈折、光の減衰)、色、多色性および分散染色の特徴によって、あらゆるアスベスト鉱石、繊維を区別して同定する。

 

●定量分析(ポイント・アカウンティング法)
アスベスト繊維または非アスベスト基質材を1,000までカウントし、その中に含まれるアスベスト繊維の数で計算 する。この分析は2名のクロスチェック体制で行なわれる。

最高峰の分析法 透過電子顕微鏡法

●定性分析
エネルギー分散型蛍光X線装置(EDS)により元素分析を行なうことが出来る為、含有アスベストの判別が正確にできる。

 

国内のほとんどのアスベスト分析機関は、位相差顕微鏡などによる分析を行っています。
「アスベスト繊維1本」まで同定可能とする透過型電子顕微鏡の導入は、報道によると、国内では2社、装置は一億円程度と高価ため分析費用は数十万円とされています。

私どもの米国分析機関では、国内の位相差顕微鏡などによる定性定量分析価格と同程度で『透過型電子顕微鏡での分析』をご提供します。

分析料金のご案内(下記料金+消費税8%)

偏光顕微鏡分析

建材製品中(レベル1~3)定性・定量分析
24,000円/検体 


定性分析はJIS A 1481(解説)の偏光顕微鏡による分析準じ、定量は国際的に行われている分析(ISO/EPA基準)です。 
通常3営業日で結果報告

 

オプション顕微鏡写真
3,000円/検体 

偏光顕微鏡分析+透過電子顕微鏡(定性分析)

建材製品中(レベル1~3)定性・定量分析
62,500円/検体

 

天然鉱物中 定性・定量分析
72,500円/検体

 

土壌中 定性・定量分析
85,500円/検体

通常5~7日で結果報告をいたしますが、事前に御相談ください。
(米国研究所が混んでいる場合があります)

アスベスト検査を行い、建築材料に含まれる非常に有害な物質である石綿の調査をしている株式会社トライフォースコーポレーションは、豊富な経験と専門知識を持つスタッフがスピーディーな分析で正確な結果をお伝えしております。調査効率を上げることで時間的コストを大幅に削減しているため、結果的に費用面でのコストも下がり、お客様へ提供する価格もリーズナブルなものになっております。低価格でハイレベルな分析ができる専門家として数多くのお客様からご依頼いただいております。
株式会社トライフォースコーポレーションでは、分析手段よりも分析を行う機関の信頼性が大切だと考え、日本より何十年も前から研究が進んでいるアメリカ(ISO)研究機関の代理店として国際的な基準で分析をしております。少しでも正確なアスベスト検査をご希望でしたら、ぜひご依頼ください。